家族葬とはどのようなお葬式なのですか?
基本的に遺族、親族に加えごく近しい友人、知人のみで行うお葬式です。参列者のほとんどが火葬場まで共に行き、儀礼的な弔問はお断りします。
事前の見積もりは無料でしてもらえますか?
はい、無料でさせて頂きます。
葬儀費の分割払いはできますか?
オリコのセレモニーローン加盟店なので事前審査が必要ですがご利用頂けます。
生活保護を受けているのですが、御社でも葬儀ができますか?
当社でも生活保護を受けておられる方の葬儀を承れます。行政からの葬祭扶助サービスもあるので福祉課へお問い合わせ下さい。
自宅で死亡した場合どうしたらいいですか?
かかりつけ医にご連絡して頂くか、警察にご連絡して下さい。
亡くなってすぐに火葬はできますか?
原則として法律上、お亡くなりになられて24時間たたないと火葬は出来ません。
臨終後、病院から直接式場入りできますか?
希望する式場の空き状況によりますが、基本的に直接お入り頂けます。
お付き合いしているお寺がないのですが、紹介はして頂けますか?
さまざまなご宗旨に合わせたご寺院様をご紹介させて頂きます。
友引にお葬式をしてもいいですか?
仏教的な観点から考えて友引にお葬式をしてはいけないということはありませんが、敬遠される方が多いです。
ご遺体をご安置する方角はありますか?
通常北枕ですが間取りの関係上不可能な場合は西枕にします。
末期の水ってなんですか?
お釈迦様が入寂時に水を求めたというエピソードにならって臨終時に行われるのが末期の水です。地域により習慣は違いますが樒等で故人の唇を潤すようにします。
お枕経ってなんですか?
臨終の後に、最初にお唱えするお経のことで病院からご遺体が戻られた時点で、ご寺院様がお伺いしてお唱えします。今日ではお通夜のお経と一緒にあげていただく場合もあります。
お線香とろうそくの火は絶やしてはいけないのですか?
現実を考えると四十九日間お線香やろうそくの火を絶やさないというのは無理な話です。火災の心配もありますので、絶やさないことばかりにとらわれるよりも、朝晩心を込めてお参りするほうが故人にとって嬉しいことではないでしょうか。だからといって、地域に伝わる習慣や親戚の助言もあり、「やはりお線香やろうそくの火はできるだけ絶やしたくない」と考える場合は巻線香や電気ローソクをお使いいただくと便利です。
遺影写真にデジカメで撮った写真は使えますか?
デジカメで撮った写真を引き伸ばすと仕上がりが悪くなるケースが多くあまり適していません。画像データをお預かりさせて頂く場合はその限りではありません。
喪主の決め方
喪主は遺族の代表者で、故人の配偶者・子供・親・兄弟といった故人に最もつながりの深い人がなります。
喪主(女性)は着物を着た方が良いですか?
一般的には着物ですが、最近では略礼服でされるケースが多いです。
焼香順位の決め方
大まかな順番としては、①喪主→②遺族→③親族(親戚)→④留焼香(一族の長老) 代表(団体)焼香の場合は、①自治会(町内会)→②公職(議員など)→③会社関係となります。
お香典の受けとりは辞退した方がいいのですか?
現代では遺族が会葬に見える方と お互いに負担にならないように 香典を辞退するケースも増えてきています。ただ香典のもともとの役割というのは 弔いでかかる費用などを助け合うという意味なので本来は受けとるべきものです。
お布施の金額について教えてください。
地域、宗旨、お付き合いの度合いによってさまざまです。失礼にはあたりませんのでご寺院様にご相談下さい。
お布施をお渡しするタイミングは?
一般的に通夜、葬儀開式前にご挨拶を兼ねてまとめてお渡しします。 一般的に(お枕経、通夜、葬儀、釜前、還骨経)までをひとまとめとして導師御礼とします。
お布施は新札でご用意しないといけないですか?
新札にする必要はありません。
戒名とは
仏門に帰依した仏弟子に授けられる名で、本来ならば生前に授かるものですが今日では仏式のご葬儀を通じて死者は仏の弟子になるということで授けられることが多くなっています。宗派によっては法名や法号とも呼びます。
湯灌とはなんですか?
ご納棺にさきだって、ご遺体を入浴させる儀式を湯灌といいます。その際男性はひげを剃り女性の場合は死化粧をほどこします。ご遺体を清潔に整えるために行なわれてきたのですが、そのほかに生まれたとき産湯に浸かったように、来世への旅立ちの儀式として行う意味もあるようです。
遺留品はどのようなものを入れますか?
生前愛着のあった物や、服、御写真などを入れて頂くケースが多いです。 火葬場の指示で金属類や燃え残るものは入れて頂けない場合もあります。
親族代表挨拶は代行して頂けますか?
一般的な葬儀では司会者がつきますので代行は可能です。
焼香の回数
各宗派により作法は異なりますが、天台宗は特に決まり無し。真言宗は3回、浄土宗は1~3回、 臨済宗は1回、曹洞宗は2回、日蓮宗は3回、浄土真宗本願寺派は額に頂かず1回、大谷派は 額に頂かずに2回。
初七日法要はその日のうちにするものですか?
正式な日にするのが本来ですが、最近ではご親族様がお集まりになるお葬儀当日にご一緒にされる場合が多いです。
葬儀後の相談も出来ますか?
葬儀後の様々なご相談もお受けしております。お気軽にお問い合わせください。
香典返しの基本
四十九日の法要が終わったら、香典を頂いた方々には香典返しを送るのがしきたりです。しかし最近では葬儀の当日に香典返し(即日返し)を渡す事が多くなってきています。香典返しは半返しといって頂いた香典の半額程度の物品で返すのが基本です。弔事ゆえに長く残らないものが良いとされタオル・お茶・海苔などがよく用いられます。
供花を頂いた方にお返しをした方がいいのですか?
一般的に供花に対してのお返しは必要ありませんが葬儀後1週間くらいまでに電話や礼状で感謝の気持ちをお伝えいただければ丁寧です。
満中陰とは何ですか?
死者があの世へ旅立つ期間が四十九日間とされ、この期間のことを「中陰」といいます。 この期間が終了する(満ちる)という意味から四十九日を「満中陰」といいます。
四十九日はなぜ3月にまたがってはいけないのですか?
亡くなってから四十九日まで3ヵ月にまたがる場合「始終苦労が身につく」という迷信で早めに三十五日(五・七日)で法要をする事があります。しかしこれは仏教の教えでは全く関係なく、やはり3ヶ月にまたがっても四十九日(七・七日)で法要をする方が良いでしょう。
納骨の時期はありますか?
納骨の時期については特に決められた期日はありませんが、仏式では忌明けの四十九日の法要後から一周忌位までに行うのが一般的です。